全国銀行個人信用情報センター(KSC)とは

全国銀行個人信用情報センターとは?

日本の信用情報機関の一つで、KSCと略されることもあります。主に銀行や信用金庫、農協などが加盟している信用情報機関です。

 

カードローンの審査では、必ず加盟信用情報機関に信用情報の確認が行われます。

 

信用情報には何が書かれているのか

KSCの信用情報には、住宅ローンやカードローンのクレジットカードの契約内容や返済状況について登録されています。
返済状況については、金額や期日、延滞についての情報も含まれます。
また、信用情報を照会した記録も残されます。

 

信用情報には登録期間があり、期間が過ぎた情報については削除されます。
内容によって保存期間は異なり、照会情報は1年以内、延滞・債務整理は5年以内、自己破産・個人再生は10年以内と決まっています。

 

信用情報機関の中でもKSCの情報保存期間は長いです。他の信用情報機関では、最長の自己破産や個人再生でも5年で情報が削除されます。

 

信用情報に事故の情報が登録されていると、カードローンの審査に通過するのは難しくなります。1月程の遅れであれば問題ないですが、3ヶ月以上の長期延滞や、短期延滞の繰り返し、債務整理についての情報があると厳しいです。また、短期間に何度も審査を受けている場合も、審査に通過しにくくなります。
延滞や債務整理の経験がある場合、いつ事故情報が消えるのかということが重要になります。

 

保存期間の違いに意味はない

利用者の視点から考えるなら、信用情報機関によって個人情報の保存期間が違うことに意味はありません。

 

信用情報に自己破産の情報が登録された場合、KSCなら消えるまで10年、他の信用情報機関なら5年かかります。
昔は、5年経てばKSC以外の信用情報機関からは削除されるため、KSCを利用しない消費者金融の審査であれば通過できる可能性がありました。
しかし、現在では信用情報機関の間でも積極的に情報共有が行われています。たとえ事故情報がKSCにしか残っていなくても、審査への影響は避けられません。

 

信用情報を自分で確認する

自分自身の信用情報については、個人でも開示請求手続きが可能です。
費用は1000円程度ですが、手続きは郵送でしかできません。料金分の切手を同封すれば速達での対応も可能ですが、それでもすぐにというわけには行きません。他の信用情報機関ではインターネットによる受付を行っているところも多いのですが、KSCは未だに郵送でしか受け付けていません。

 

KSCは信用情報機関の中でも最も情報の保存期間が長いです。債務整理や事故などの情報が削除されたかどうか確かめるのにはKSCで照会して確かめるのが確実です。

トップへ戻る