CICって何?

CICとは?

CICは貸金業法に基づく指定信用情報機関の一つです。

 

キャッシングやクレジットカードの審査では、必ず信用情報機関に信用情報の照会を行い、その人に融資をしても問題ないかどうか判断します。

 

直接関わることはあまりない機関ですが、ローンを組む上で非常に重要な枠割を果たしています。

 

信用情報機関の目的

CICに登録されている信用情報は、加盟しているクレジットカード会社や消費者金融、他の信用情報機関などによって登録されたものです。申し込みや契約、支払いなどがあった場合、その都度CICに情報を登録しています。

 

加盟している金融機関は、信用情報機関を通して信用情報を共有しています。信用情報をこのように共有する理由には大きく2つあります。
一つは、お金の借りすぎを防ぐためです。既に他の金融機関で返済能力いっぱいのお金をかりてしまっている人にそれ以上の融資をしないようにすれば、多重債務者となるのを防止できます。
もう一つの理由は、貸し倒れを防ぐためです。返済が難しい人にお金を貸してしまっては、金融機関も運営が難しくなってしまいます。

 

信用情報機関は金融機関にとっても、利用者にとっても重要な存在です。

 

信用情報にかかれているもの

信用情報には以下のような情報が登録されています。

・氏名
・生年月日
・住所
・電話番号
・勤務先
・クレジットカードやカードローンの契約内容
・借入金額
・支払い金額
・支払いの状況
・信用情報の利用記録

 

返済の状況については、金額だけでなく、遅れがあった場合はどのぐらい遅延があったのかも記録されます。債務整理などを行った場合は、その情報も登録されます。

 

信用情報を見れば、その人がどんな契約をしていて、どんなふうにキャッシングやクレジットカードを使ったのかが一目瞭然です。

 

 

信用情報の照会

信用情報は審査の際にチェックされるだけでなく、自分自身で内容を確認することができます。

 

CICの場合、信用情報の情報開示方法は、インターネット、郵送、窓口の3つです。インターネットからの申し込みの場合、パソコンだけでなくスマートフォンからも利用できます。
費用は1000円程度で、インターネットからの利用の場合、クレジットカードでの支払いになります。電話さえ使えれば本人確認書類のいらないインターネット開示が便利です。

 

特に心当たりがないにもかかわらず、カードローンの審査に何度も落ちてしまう場合、信用情報に原因があるかもしれません。一度自分で信用情報を確認してみるのも良いでしょう。

トップへ戻る