即日融資審査

即日融資キャッシングのおすすめは?

急な出費で時間がない時や、いろいろな事情で審査に通るのが難しそうな場合に、審査なしで使えるようなキャッシングサービスがあれば便利です。

 

しかし、実際にそんな夢のようなキャッシングは可能なのでしょうか?

 

法律を守るためには審査が必要

銀行から借りる場合でも、消費者金融の場合でもキャッシングの契約をするためには必ず審査を行います。

 

審査が必要な理由にはいくつかありますが、まず1つ目としては「必ず返済してもらわなければ困る」ということがあげられます。

 

お金を貸すことを商売にするなら、利子と一緒にきちんと返済してもらわなければ利益が出ません。

 

確実に返済してもらうためには、返済能力のある人にのみ貸すように気をつける必要があります。

 

もう一つの理由は、お金を貸す事業者に課せられた法律を守るためです。

 

銀行カードローンは銀行法に、消費者金融は貸金業法に則って営業しなければなりません。

 

例えば貸金業法では、年収に応じて貸し付けて良い金額に上限が定められています。そのためには審査がかかせません。
即日融資

違法な業者に注意

キャッシングについて調べていくと、中には「審査なして即日融資」や「無職でも融資可能」などのような通常ならばありえないような宣伝文句を並べている業者が存在します。

 

一見とても魅力的に見えますが、法律に則ってまともな経営をするなら審査は必須です。審査なしで貸付可能だという業者は100%違法な貸金業者、つまり「闇金」です。
こうした「闇金」の宣伝の中には、他の危ない業者と違ってここだけは大丈夫であるとか、安心安全を歌うような宣伝をしたり、嘘の口コミを表示したりしている場合もあります。だまされないようにしましょう。

 

こうした業者の場合、法外な金利や違法な取り立てを行っている可能性が非常に高いです。
審査はいい加減なため、借りるのは比較的簡単ですが、返済するのは大変です。

 

金利が高く高額な返済を強いられるだけでなく、トラブルや犯罪行為に巻き込まれることもあります。家族や友人など周囲の人にも影響が及ぶこともあります。

 

どんなに魅力的に見えても、審査なしでキャッシングできるような業者に手を出してはいけません。

 

闇金に手を出してしまった時は?

切羽詰まったあまり、審査なしで貸し付けを行うような違法業者からお金を借りてしまった場合は、できるだけ早く専門機関に相談しましょう。
闇金に強い弁護士や司法書士を頼れば、必ず味方になってくれます。

 

金利には法律で定められた上限があり、これを超える金利については返済の義務はありません。
だからといって返済をせずに放っておくと、危険な取り立てや脅しにあうかもしれません。警察に相談するのはあまり得策ではありません。警察は危ない目にあいそうになっ時には助けてくれますが、借金の解決はできません。

 

闇金の問題を解決するには、弁護士や司法書士の力を借りる必要があります。ただし、弁護士にも司法書士にも得意分野があるため、闇金の問題に強い人を選ぶようにしましょう。

 

闇金からお金を借りてしまった場合、相談は早い方が自体の解決もしやすいです。違法な業者がなくならないのは、お金に困るあまり闇金に手を出す人が後を絶たないからです。専門家からすればあまり珍しい話ではないため、相談に気後れする必要もありません。

 

クレジットカードのキャッシング枠にも審査は必要

クレジットカードを使ったキャッシングであれば審査なしで借りられると思っている人もいますが、これは間違いです。

 

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。確かにキャッシング枠があるならこれを使って借り入れが可能です。

 

しかし、全てのクレジットカードに必ずキャッシング枠がついている訳ではありません。
クレジットカードの契約時に審査が行われますが、ショッピング枠の審査だけでキャッシング枠の審査については行っていないケースも多いです。クレジットカードがあるからといって、必ずキャッシングができるとは限らないのです。
もし新しくキャッシング枠をつけるのであれば、別に審査を受けなくてはなりません。

 

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の審査は別々に行われます。キャッシング枠の審査基準はショッピングのものよりも厳しい場合が多いです。

 

 

時間がなくても審査を避ける必要はなし

時間がないことを理由に、審査なしを希望する人もいますが、審査なしのキャッシングが本当に早いとは限りません。

 

大手消費者金融の審査は最短30分、通常で1時間程度です。
大手は実績が豊富で、審査に関するノウハウがあります。申し込みもインターネットや電話を使って簡単にできます。審査通過から融資実行までのスピードも早く、借り入れや返済の手段も豊富です。

 

審査がなければ確かにその時間は短縮できますが、それ以外の時間について短縮できる保証はどこにもありません。違法な業者が大手のシステムや利便性に勝つのは不可能です。

 

審査のない怪しい業者を探す時間があるなら、その時間で誰でも名前を知るような大手消費者金融に申し込む方がずっと早くお金を借りられる可能性が高いです。

 

複数社からの借り入れがある人がキャッシングを使うには

一般的に、借り入れが3社以上になると即日融資は困難になるとされています。借入件数が多くなりすぎると、即日融資どころか新規契約自体が難しくなります。
また、既に総量規制いっぱいまで借り入れている場合も、新たな借り入れは困難です。

 

まず借入件数が複数になってしまっている場合は、できるだけ早くおまとめローンなどを利用し件数を減らしましょう。審査に通りやすくなるだけでなく、毎月の返済の手間も軽減できます。

 

総量規制により借り入れが困難な場合は、消費者金融ではなく銀行カードローンなどの総量規制の対象外のローンに申し込みましょう。
ただし、銀行カードローンでは即日融資が不可能となったため、急ぎの場合には使いにくいです。

 

自己破産などの事故情報がある人がキャッシングを使うには

審査では必ず信用情報をチェックします。

 

信用情報には過去や現在の借入・返済について記載されています。信用情報に延滞や自己破産などの問題がある場合、審査に通過することはできません。
信用情報に延滞や事故などがある人を、ブラックリストに載っている、と呼ぶこともあります。
自己破産をし、信用情報にその記載がある人がまともな業者でキャッシングするのは難しいです。

 

ただし、信用情報に記載された情報は一定期間で削除されます。自己破産については5年か10年で削除されます。

 

 

収入がなければキャッシングはできない

無職の場合や専業主婦など、本人収入のない場合はキャッシングサービスの利用はできません。返済能力がないためです。

 

専業主婦の場合、配偶者に一定の収入があれば配偶者貸付の制度を利用できます。ただし、配偶者貸付には配偶者の同意書や、婚姻関係を証明する書類などが必要になります。必要書類の関係上、即日融資をしたり、配偶者に秘密で借り入れしたりすることはできません。

 

キャッシング以外にお金を用意する方法はある

お金を用意する方法はキャッシングだけではありません。違法な業者を利用せずとも、他に手段はいくつもあります。

 

●家族や知人に借りる
どうしてもお金が必要なら、家族や親戚、知人に借りるのも一つの方法です。
きちんと事情を説明し、使いみちや必要金額を明らかにして相談してみましょう。親しい間柄だとしても、礼儀と誠意は大切です。
後々のトラブルを避けるために、口約束ではなく借用書を必ず作成しましょう。パソコンがなくても、ボールペンと紙と印鑑があれば借用書は自分で作成できます。

 

●質屋を使う
ブランド物のバッグや時計、アクセサリーや家電製品を質に入れれば、簡単に現金でお金が借りられます。
キャッシングと違って返済能力を問うような審査はありません。預けられるようなものがあれば、誰でも簡単に利用できます。

 

質屋の金利はキャッシングよりも幅があり、年利ではなく月利表示であることには注意しましょう。

 

●不用品を売る
同じバッグや時計でも、質に入れるよりも売ってしまった方が金額は大きくなります。
漫画や本、ゲームやDVD、洋服などもリサイクルショップで売ればその場で現金になります。

 

ちなみに、同じものをより高く売るならオークションやフリマアプリの方が向いています。できるだけ早くお金にしたいなら質屋やリサイクルショップへ、できるだけ高く売りたいならオークションやフリマアプリと使い分けるのもよいでしょう。

 

●契約者貸付制度を利用
保険の中には、保険料を借りることのできる「契約者貸付制度」のあるものがあります。
支払った保険料のうち、解約払戻金の範囲で借り入れが可能です。審査はないものの手続きに多少時間がかかるため即日融資は難しいですが、安全にお金が借りられます。

 

●公的な支援を頼る
もし生活に困窮するほどにお金に困っているならば、自治体などに相談し、公的な支援を受けられないか尋ねて見ましょう。

 

例えば、生活福祉資金貸付制度では、低所得者や病気・怪我などで困っている人に低金利でお金を貸しています。民間の貸し付けよりもずっと低金利で、条件を満たせば無利子の場合もあります。
手続きの関係で今すぐにお金が必要だという場合には使いにくいですが、本当にお金に困っている人は一度市役所や区役所で相談してみることをおすすめします。

 

「審査なし」に惑わされてはいけない

お金に困っている人にとって、審査なしでお金が借りられるというのは魅力的な誘い文句です。
しかし、法を守ってお金を貸すためには審査は絶対に必要なプロセスです。審査を行わないキャッシングというのは、人の弱みにつけ込んだ非常に悪質な商売です。

 

お金を用意する方法はキャッシングだけではありません。他にも様々な手段があります。甘い言葉に惑わされて違法なキャッシングに手を出す前に、他の方法についてよく考えてください。

 

このページの先頭へ戻る